彼女の作り方

彼女の作り方はアプローチで決まる!誰にでも好かれるアプローチの方法を教えます。

どうも田中です。

今回は

  • 「アプローチの方法が分からん!」
  • 「変なアプローチをして嫌われたくない」
  • 「いい感じのアプローチ方法を教えて!」

このようなリクエストにお答えしていきます。

そもそも皆さんはアプローチのやり方を知ってますか?

アプローチの方法なんて学校では教えてくれませんよね。

ましてや親にも聞けないですし。

そりゃ出来なくて当たり前。

 

僕自身も好きな人にアプローチして

気持ち悪がられたり嫌われたり。

枕を濡らした時もありました(笑)

 

しかし!

今では全く気持ち悪がられません!(たぶん

好かれるアプローチは誰にでも「チョー簡単」にできます。

是非試してみてください。

誰にでも好かれるアプローチの方法

ではどうやってアプローチするのか具体的に説明します。

アプローチの方法は非常に簡単です。

次の3つを頭に叩き込んでください。

  1. まずは友達になれ!
  2. さりげなく褒めろ!
  3. 気遣いを忘れるな!

その① まずは友達になる事に全力をかける

好きな女性・気になる女性ができた時に最初にするべき事。

それは

その相手と友達になることです。

女性と自然に距離を縮めていくには、「友達の関係からスタートする」のが一番です。

なぜなら、友達というのは

お互いに丁度良い距離感を保てるので「女性からしても安心できる」んですよね。

同時に「接しやすい対象」にもなります。

基本的に彼女を作る方法として「まずは友達」にならないと始まりません。

友達になる事を飛び越えて女性にいきなり好きですアピールをしても

さやか
さやか
で、でた~、いきなり好きですアピールする奴~

このように女性には引かれます。

女性は警戒心のかたまりなので、あなたの下心を見抜いてしまいます。

「最初から好きですアピールをする男」は大体失敗します。

それじゃダメです!

なので少しだけ遠回りして、ちょっとづつあなたのことを知ってもらいましょう。

急がば回れです!

さやか
さやか
女子は少しずつ分かり合いたいのよ!

「好きですアピール」は女性の警戒心が解けてからでも遅くはありません。

まずは友達になって地道に2人の関係を構築していきましょう。

徐々に信頼関係を積み上げていく事が「アプローチ方法の必勝パターン」と言えます。

その② さりげなく褒めて「好印象」を与える!

褒める事は簡単かつ優秀なアプローチ方法です。

というのも「褒める」という行為は相手に

  1. 幸福感を与える
  2. やる気を出させる
  3. 良好な関係を築く

このような効果があります。

つまり女性を上手に褒められれば「めちゃめちゃ好印象を与えられる」という事です。

どうやって褒めればいいの?

モテ内くん
モテ内くん
あの~、女性の褒め方が分からんのやけど・・・
田中
田中
褒め方にはコツがあるよ!

では、どうやって褒めるのか具体的にお伝えします。

女性を褒めるポイントは主に3つあります。

  • 外見を褒める場合→「○○(かわいい有名人)に似てますね。」
  • 内面を褒める場合→「○○さんって気が利くよね。」
  • 能力を褒める場合→「○○さんって仕事速いね」

このようにあくまでも「さりげなく褒める」のが効果的です。

逆にダメな例として

  • 「可愛いですね!」
  • 「めっちゃタイプです!」

このように「ストレートなアプローチ」はあまり有効ではありません。

このようなストレートな言葉は「チャラい」もしくは「重い」と捉えられてしまいます。

この時の女性の心理として

さやか
さやか
どうせ誰にでも言ってるんでしょ!

こんな風に思われてしまいます。

女性に好かれたいのなら「内面や能力を重視して褒めるべき」なのです。

内面や能力を褒める事により

さやか
さやか
この人は私を分かってるー!ちゃんと内面も見てくれてる人だー!

このように、女性の好感度は上がると同時に「安心感や信頼」を寄せてくることに繋がります。

その為にはまず、「女性の良い所を見つける事」から始めていきましょう。

それが簡単に好かれるアプローチのコツとなります。

その③ 気遣いを忘れない男は最強

女性に好かれるアプローチには「気遣い」が必須です

「なぜ気遣いが必須なのか」というと、女性とのコミュニケーションは「減点方式」だからです。

この「減点方式」と言うのは

「私にとってこの人はプラスなのかマイナスなのかを採点している状態」を言います。

女性は基本的に「男性の悪い所を見つける天才」です。

「この人いいな」と思うことがあっても、

マイナスな感情を抱いてしまうような要素があれば、

さやか
さやか
ん~やめとこうかな~

と、見切られる可能性があります。

しかし!

あなたの点数をグングンアップさせる方法が1つだけあります。

それが「気遣い」です。

気が使える男性は女性のハートを射止める事ができます。

例えば女性が困っていたら、さりげなくフォローしてあげたり、めんどくさい事を何気なくやったり、他の人がやりたがらない事をあえてしましょう。

女性はあなたの心使いを見ています。

自分より相手の事を考え、場の空気が読めたりするとあなたの点数はぐんぐん上がっていきます。

ぶっちゃけ気遣いは最強のモテスキルと思ってます(笑)

女性は気が使える男性をとても魅力的に感じてくるようになってきます。

アプローチの際には「気遣い」を忘れないでください。

ポイントはさりげなくやる事です。恩着せがましいと減点されるのでお気をつけください(笑)

【ここが悪い!】あなたのアプローチが失敗する原因とは?

続いて「失敗するアプローチの原因」を探っていきます。

なぜあなたのアプローチは失敗するのでしょうか?

女性に嫌われる原因は以下の3つです。

  1. しつこい
  2. 馴れ馴れしい
  3. 話がつまらない

順番にみていきましょう

しつこい男は論外どころか「嫌悪感」

女性は、好きでもない男性から強い好意を向けられても、

嬉しいどころか「嫌悪感」を覚えてしまいます。

しつこくされればされるほどその嫌悪感は増し

最終的には嫌われます。

 

「好きな女性とはなるべくコミュニケーションを取りたい!」

あなたはそう思っているかもしれませんが、相手もそんなに暇ではありません。

自分のペースを崩されることで次第にイライラしてきます。

 

特に注意しなければならないのが「LINE」です。

LINEで深追いするのはNG。

よほど好意のある相手でもない限り、大抵の女性にとってLINEは面倒なものです。

送れば送るほど逆効果であると思った方がいいでしょう。

モテ内くん
モテ内くん
えーじゃあどうすればええん!

LINEでアプローチする場合にもコツがあります。

LINEを送る場合は「引き際が大切」です。

「ちょっとそっけないかな」ぐらいが丁度良いんです。

アプローチは押すばかりではなく「引くことも重要」なんです。

適度さをわきまえて、嫌がられないように気をつけてください。

重い男も嫌われるぞ!

彼氏でもないのに重い男性も嫌われる傾向にあります。

重い男とは

  • 彼氏じゃないのに嫉妬深い
  • 好きですアピール多め
  • 高そうなプレゼント
  • LINEがいつも長文

このような特徴があります。

このような男性は、女性にとっては面倒でしかなく、心の負担となっていってしまいます。

女性を好きな気持ちは分かりますが、重いアプローチは逆効果なのです。

女性は、付き合ってない段階で好意を強く示されるとプレッシャーになり疲れてしまいます。

女性に対しては「ほどほどに追い掛けるのがベスト」です。

あまり夢中になってアプローチをすると相手に迷惑がられてしまうだけです。

重い言動には注意してください。

馴れ馴れしい男性はうざいと思われる

あなたが親しみを込めたつもりのアプローチ。

しかし!

女性に「馴れ馴れしい」と思われてる可能性があります。

 

というのも女性は「心のテリトリー」を大事にしている人が多いのです。

気安く接触されると、自分の価値を貶められたように感じてしまいます。

あなたは「良かれと思って」やった行為も女性からしたら

さやか
さやか
まじウザいんですけど!馴れ馴れしいからやめて!

このように思われています。

特にうざいと思われる行為は「ボディタッチ」「言葉使い」

男性はこの2つに気を付けなければいけません。

最初から馴れ馴れしい行為をされると、女性は

  • デリカシーのない男性
  • チャラい男性

だと見なします。

女性がこのように感じてしまったら

さやか
さやか
生理的に無理!

最悪このような結果になってしまいます。

馴れ馴れしい男性というのは、女性の心を開くどころか警戒心を強めさせるだけなんです。

 

「北風と太陽」の北風のように、押せば押すほど女性の心は頑なに拒み続けるでしょう。

馴れ馴れしく近づいていいのは「イケメンに限ります。」

我々は大人しくチャンスを待ってた方が良いのです(笑)

適度な距離を持ちながら徐々に外堀を埋めていきましょう。

あなたの話、つまらないんじゃない?

女性が「つまらない」と感じる会話TOP3

  1. どうでもいい自慢話をする
  2. とにかく沈黙が多い
  3. 自分の話しかしない

この3つは女性からしてみたら苦痛です。

これらに該当する男性はアプローチに失敗しがちです。

女性と会話する場合は、「女性を中心に会話をする」事を意識する必要があります。

というのも、多くの女性は「会話の主役に自分が居たい」のです。

いわゆる「お姫様」というやつです。

自分に興味のない事を言う人や、沈黙が多い人との会話ほどつまらない時間はありません。

特に自慢話ばかりをする男性は最悪。

女性は精神的に大人なので、

さやか
さやか
わー!○○さんすごいですね~!

と表面上は言ってくれますが

ほとんどの女性は内心

さやか
さやか
ふーん、あっそ。で?だから何?このハゲむかつくわ~

こう思ってます。

それほど自慢話を嫌う女性は多いのです。

なので、つまらない会話をする男性は「絡みたくないリスト」に入れられることでしょう。

こうならない為には「トークスキル」が必要になってきます。

芸人のようなトークスキルを身に着ける必要はありません。

あくまでも女性が嫌がらない会話をするだけでいいのです。

「女性が興味を持つような話題」を提供したり、「その場の雰囲気を楽しくさせるような会話」を意識していきましょう。

「女性と話すのが苦手な方」は下記を参考にしてください。

https://deai-otaku.com/love/communicable-2/

とりあえず

自慢話だけは辞めよう!(笑)

まとめ

以上、誰にでも好かれるアプローチの方法でした。

少しでも参考にして頂けたら幸いです。

まとめると

ポイント▶まずは友達になる
▶さりげなく褒める
▶気遣いを忘れない
▶しつこくしない
▶馴れ馴れしくしない
▶自慢話はしない

この6つを意識して女性にアプローチしてみてください。

明日から実践あるのみです。

頑張ってくださいね。