女性との会話術

男性は聞き上手になればブサイクでもモテるぞ!【聞き上手になる方法】

どうも田中です。

今回は

  • 「聞き上手ってモテるの?」
  • 「どうやって聞き上手になるの?」
  • 「ブサイクですがモテますか?」

このような悩みを解決していきたいと思います。

結論から言いますと聞き上手はモテます。

というか聞き上手にならないとモテないです!

ただしイケメンは別ね。

 

聞き上手になれば僕みたいな不細工でもワンチャンいけるんです。

ちなみに僕の顔はゴリラカバ稲中の田原俊彦を足して4で割った感じです。

↓ネットの中の田中

↓現実世界の田中

こんな僕でも聞き上手になると彼女ができます(笑)

ということで今回は「聞き上手になるための知識」をお伝えしていきます。

モテたい男性は必見です。

聞き上手がモテる理由

そもそもなぜ聞き上手の男性がモテるのか?

それはズバリ

「女性に快感を与えているから」です。

聞き上手な男性は、女性が「気持ちいい」と感じてるからモテるんです。

 

というのも、女性は基本的にお喋りな生き物です。

男性の場合、1日に約2000~4000語くらい喋ると言いますが、

女性の場合、1日に約6000~8000語くらい喋ると言います。

男性の2~3倍くらい喋ります。

 

女性は喋る事でストレス発散をし、それと同時にドーパミンが反応を起こします。

ドーパミンというのは脳内の「快感ホルモン」と呼ばれて、女性が気持ちよく会話できるとドーパミンの分泌量も増えると言われてます。

つまり聞き上手な男性は、女性のこのような「快感をアシスト」しているのです。

快感をアシストされた女性は

さやか
さやか
この人と話してると心地いいな!
さやか
さやか
この人なら何でも話せてしまうなぁ!

と、このような気持ちになります。

つまり僕たちは快感をアシストする「僧侶的な存在」になればいいのです。

主人公はあくまでも女性。

まずはこれを心に刻んでおきましょう。

ではどうやってアシストすればいいのか次の項目でお伝えします。

聞き上手になる方法!~アシスト上手になる為に~

続いて聞き上手になる方法を解説していきます。

聞き上手になるには大事な3つの要素があります。

  1. 共感が大事
  2. 上手に相槌
  3. 会話を遮らない

これらを順に説明していきます。

その① とりあえず共感することを身に付けろ!

聞き上手になるには、とにかく「共感」を意識することが大切です。

あなたが女性に共感すると、

  • 「この人は私の話をしっかり聞いてくれている!」
  • 「この人は私の気持ちをわかってくれる!」

このような事を思わせる事ができます。

共感力が高い人というのは、信頼されると同時に、より高い満足感を話し手に与えることができるのです。

例えば、

女性「行きたかったライブのチケットが当たったよー!」

俺「まじか!めちゃめちゃラッキーやん!良かったな!」

女性「大事なものをなくしちゃった…」

俺「まじか…。つらいっスね…。早く見つかればいいですね…。」

など。

ここで気を付けたいのは、余計なアドバイスは厳禁です。

ただ相手の感情を受け取って、共感するだけに留めておくのがコツです。

聞き上手になる為には、自分の喋りたい感情を抑えるのです。

世界一簡単な共感のやり方

 

「女性にどうやって共感していいのかよく分からない」

そのような男性は、相手の言ったことをそのまま返す「オウム返し」だけでOK!

オウム返しとは、その名の通りオウムのように相手の言葉をそのまま返す事。

女性「行きたかったライブのチケットが当たったの!」

俺「ライブのチケットが当たったんだ!よかったね」

女性「大事なものをなくしちゃった…

俺「大事なものをなくしちゃったのか…悲しいね」

など相手の言葉を復唱するだけで

「この人、理解してくれてる!」

と思わせるテクニックです。

「相手の気持ちに寄り添うように会話する」だけで、あなたは今からでも聞き上手になれます。

その② 上手に相槌する

続いて女性を気持ちよくするアシストが「相槌」です

相槌は「自尊心や承認欲求を満たして」女性を気持ちよくしてくれます。

それに加え、フレーズとタイミングが完璧だと相槌が「快感」になってきます。

会話のテンポがよくなり、話しているのが楽しくなってくるのです。

ではどうやって上手に相槌を打つかと言うと、

「相槌のさしすせそ」

これを活用すればいいのです。

相槌の「さしすせそ」とは

  • 「さ」→さすが
  • 「し」→知らなかった
  • 「す」→すごい
  • 「せ」→センスある
  • 「そ」→そうなんだ

このようにめっちゃ簡単なので覚えてて損はありません。

「相槌のさしすせそ」をうまく使い分けると、それだけで「相槌上級者」になれます。

女性の会話にふさわしい相槌を心がけてくださいね。

会話のリズムを取ろう

 

相槌は「さしすせそ」の他に「うん」や「へえ」といった「会話のリズムを取るような相槌を適度に挟む」と効果絶大です。

「うん」や「へえ」が無い会話はめちゃめちゃ話づらいのです。

女性のトークは歌、あなたの相槌はリズム。

この感覚を身につけることができれば、あなたの聞き上手スキルはぐっと向上することでしょう。

その③ 会話を遮らない

女性と会話する時は「会話をさえぎらないように」注意してください。

会話の途中で自分の話をしだすのはNGです!

 

というのも、女性が話している途中に自分の意見を挟んだり、突然違う話題に切り替えようとしたりすると、

強烈な不快感に襲われます。

特に、先程も挙げた通り、余計なアドバイスをするのは厳禁

 

女性の会話はアドバイスなんて求めていません。

どれだけ的確なアドバイスだろうと不快なだけなんです。

ただ話を聞いて欲しいだけなんです。

 

与えるのはアドバイスではなく、

「共感と会話を円滑にする工夫」であることを心がけておいてくださいね。

あなたがする事は、あくまで「快感をアシスト」する事なんです。

彼女の悩みを解決するわけでもなく、会話の主導権を奪うのでもなく、

ただ会話というエンターテイメントを支える脇役なのです。

主役は女性!

これが聞き上手の鉄則と言う事を忘れないでください。

【最終奥義】モテたいなら「質問力」を鍛える事!

モテる男性になりたいのであれば、適切な質問を投げかけてあげる事が重要です。

最適な質問をしてあげると女性は、

さやか
さやか
そうそう、それを聞いて欲しかったの!

と、このようにどんどん話し始めます。

イメージとしては「痒いところに手が届くようにする」ような感じです(笑)

 

「適切な質問」の良い例として

女性「行きたかったライブのチケットが当たったの!」

俺「お、やったじゃん!で、誰のコンサートに行くの?」

女性「会社でつらい事があって…」

俺「え!どんな事があったの!?話せる範囲でいいから話して~」

と、このようにモテる男は、次の会話に繋げる「導線を作ってあげる」のが上手です。

なるべく相手が話しやすいように、「優しくトスを上げるような質問選び」を心がけてください。

 

続いてダメな例はというと

女性「行きたかったライブのチケットが当たったの!」

俺「へーってか俺も今度ライブ行ってくるんだ。○○って人知ってる?」

女性「会社でつらい事があって…」

俺「そうか~。でも給料たくさん貰ってるんでしょ?」

このように、求めてない答えが返ってくると

女性は話す気が無くなります。

さやか
さやか
そんな答えなんか求めてないんだよなぁ・・・。

「会話を取ってしまうような質問、共感してないような質問」最悪です。

 

「適切な質問」とは、

「相手が一番話したい事」をイメージしたうえで、それを引き出せるような質問

を言います。

女性は、自分が話したいと思ってる事を質問されると気持ちよくなります。

質問力を鍛える事により、相手は喜んでどんどん喋ってくれますし、楽しく会話を盛り上げることができるのです。

まとめ

今回は聞き上手について解説してみました。

ポイントは

  • 共感する
  • 上手に相槌をする
  • 会話をさまたげない
  • 適切な質問をする

この4つです。

聞き上手になればあなたのトークで女性を逝かせる事もできるかもしれません(笑)

そのくらい強力なスキルとなります。

ぜひ身に付けて1ミリでもモテるように頑張っていきましょう。

ではでは。