女性との会話術

女性と会話するきっかけは、めちゃめちゃ簡単でした。【きっかけ作りのコツ】

どうも田中です。

今回は

  • 「話すきっかけが分からん!」
  • 「何から話せばいいの?」
  • 「あの子と会話したいよおおお」

このような悩みをズビビビと解決していきたいと思います。

突然ですが、

あなたは初対面の女性に「やあ、元気かい?」と言えますか?

 

僕にはできない!

アメリカ人じゃあるめーし無理。

僕たちはアメリカ人ではないので、女性と会話するにも「きっかけ」が必要です。

どんな男性でもきっかけさえあれば、そこから会話を生むことができます。

 

きっかけを作るのは難しい事ではありません。

やり方さえ分かれば簡単に作れます。

では、早速きっかけの作り方をお伝えします。

参考までにどうぞ。

女性と会話するきっかけはズバリこれです。

女性と会話のきっかけを作るのは簡単です。

きっかけを作るポイントは以下の4つ。

小学生でもできるので試してみてください。

  1. まずは挨拶から始める
  2. 友人の力を借りるべき!
  3. 何かを貸してもらう!
  4. 相手の好きな物を把握しておく!

順にみていきましょう。

① まずは挨拶から始めるべき

まずスタートは「挨拶をする関係になる」ところから始めてみましょう。

挨拶は「最強のコミュニケーションツール」です。

女性と話す時は挨拶を挟むことにより、より自然な会話を生み出せます。

挨拶も無しにいきなり近寄って「あのさぁ、○○ってどう思う?wデュフフwww」とか言い出したら通報されかねません。

挨拶は会話の「潤滑油」みたいなものです。

挨拶抜きで女性に話しかけるのは「前戯のないセッ〇ス」と同じです。

さやか
さやか
それは無理!

つまり、挨拶も無しで話しかけるのは、非常にハードルが高いと言う事です。それが女性に声をかけにくい原因を作りだしています。

しかし、挨拶ができれば

おはよう

寒いね

今日は雪らしいよ

マジ?

そういえば昨日・・

このように

会話するきっかけが生まれ、そこから話題を広げる事が可能になります。

スムーズな会話を作りだすには、挨拶は欠かせないのです。

挨拶するのが恥ずかしいんだけど・・・


挨拶するのが恥ずかしい男性は

「周囲の人全員に挨拶をする癖をつけてみる」ことをおすすめします。

そうすれば好きな女性にも声をかける事も普通になります。

なおかつあなたが「挨拶をちゃんとする人」だと認識されれば、相手から声をかけてくることも期待できます。

まずは挨拶に慣れる事を意識してみましょう。

② 友人の力を借りるとヤバイよ


「友人を挟むとめっちゃ話しやすい」

そんな経験ありませんか?

どうしても女性に声をかけられない時は友人の力を借りましょう。

というのも人間は、「1人ではなかなか行動できないが、2人ならすんなり行動できる」という事がよくあります。

つまり1人だと怖いんです。

1人で声をかけたら

  • 無視されるかもしれない
  • 嫌な顔されたらどうしよう
  • 空気がもたない

など、不安に駆られ行動できなくなってしまうのです。

しかし友達と一緒なら別です。

アホみたいに勇気がモリモリ沸いてきます。

人間は集団になると気が大きくなる生き物です。

この心理を利用しちゃいましょう。

友人と一緒だと会話もスムーズになりますよ。

例えば好きな女性に声をかける時は

  • 俺氏「(友人)がいつもお世話になってます」
  • 俺氏「(友人)の面白い話聞いてくださいよ!」
  • 俺氏「(友人)が合コンしたいってうるさいんだ」

と、友人をダシに使います(笑)

もちろん、あらかじめ友人に

その女性のことが好きなことを相談しておけばバッチリです

このように1人より2人の方が

「話しかける勇気が出たり、1人の時より緊張しなくなる」ので友人を巻き込んで話しかけるのがおすすめです。

③ 何かを貸してもらう!

続いてのコツです。

女性と会話するきっかけが欲しい時は、「何かを借りるべき」なんです。

モノを貸して貰う事によりめちゃめちゃコミュニケーションが取りやすくなります。

基本的にどんな物でも大丈夫です。

例えば

▶「○○さんコナン好きだったよね?DVDとか持ってる?前から興味があってw」

▶「すみません、ライター持ってます?ライター忘れちゃって」

▶「インクが無くなっちゃったので、ボールペン貸してもらっても良いですか?」

このように貸してくれるように声をかけます。

よほど嫌われてない限り大体の女性は快くOKしてくれるはずです。

ちなみに声をかける時は「借りる理由」をつけましょう。

借りる理由をつける事で女性は「そんな理由があるならしょうがない」と納得するのです。

ただ「貸してください」と言わずに、「○○なので貸してください」と、理由をつけると成功率は何倍にもなります。

借りた物を返すときの態度も大切です

「ありがとう」とお礼をいうのはもちろんですが、

  • 「ありがとう、〇〇さんのおかげで助かったよ!」
  • 「めっちゃコナンおもろかったわ!また今度貸してね!」
  • 「ありがとう助かったよ。後でジュースおごるね。」

と、このように一言付け加えて返せばあなたの印象もアップします。

借りたものを返す時は「多少オーバーリアクション」気味にするのがコツです。

そうする事で彼女は「貸して良かった」「良い事をした」と気持ちよくさせる事が出来ます。

うまくいけば、そこから会話が弾むこともあるので、借りた物を返す時もしっかり感謝の意を込めましょう。

④ 相手の好きな物を把握しておこう

とりあえず、好きな人を観察してください。

ストーカーにならない程度に!

というのも、相手の趣味や好きな物を把握しておくと、会話のきっかけを作る事が容易です

考えてみてください。

話しかけられない理由って、話題が無いからじゃないですか?

相手の事を何も知らないのに話しかけるのは、かなりハードルが高いと思います。

まずは好きな人を観察して趣味などを把握しておくべきです。

趣味などが分かれば相手に話を振りやすいので、そこから会話を広げていきましょう。

 

仮に彼女がミスチルが好きならミスチルの話題を振ります。

「ミスチルの曲って映画の主題歌になってたよね。なんて曲だっけ?」

このように「会話は疑問形で投げてあげるのがコツ」です。

女性からしたら自分が興味がある話題は話しやすく、答えやすい。

そこから会話が弾む可能性だってあります。

このように、相手が好きなものなどを把握しておくことで、物の貸し借りをしたり、深い話になったりと、次のステップへ進むこともできます。

きっかけ作りに「相手を観察する」事は欠かせません。

【最終奥義】相手から声をかけさせる

最終手段です。

女性に話しかけられないなら

「向こうから来てもらえばいいじゃないか!」

といったセコイ作戦です

ですがこの作戦、案外バカにできませんよ(笑)

 

というのも、女性は男性の様々な部分をチェックしています。

特に服装などは細かい所まで観察してる場合が多いです。

それを利用する作戦です。

女性受けしそうなものを身につけて、女性から話しかけてもらうのです。

女性受けしやすいモノとは

・奇抜なもの
・珍しいもの
・可愛いもの

などがあります。

例えばこれらのモノをあなたが所持していたらどうなるでしょう?

  • 女「そのキーホルダーかわいい~」
  • 女「何その財布ウケる!」
  • 女「その服しまむらで買ったの?」

このように確実にイジってきます。

つまりあなたはいじられキャラになるのです。

いじられキャラは「親しみやすそう」「話しやすい」などの印象を与えるので女性の警戒心を解くことができます。

女性受けしそうなものを身につける事によって、相手から話しかけられる率がアップするのは確実です。

ちなみに

この方法はよく喋る女性には効果的ですが、

大人しいタイプの女性には効果は薄いです!

ご注意ください。

まぁでも、話しかけるきっかけを作ってあげる事は大事。

女性にツッコミを入れてもらえるように、頑張っていじられキャラになってください(笑)

【余談】つーか、いじられキャラはモテなくない?

「いじられキャラはモテなさそう」

というイメージですが、実際そんな事はありません(笑)

むしろ「ブサイクならばいじられキャラになるべきだ!」と僕は思います。

僕のようなブサイクはカッコつけてもモテません。

ただのカッコつけのキモイおっさんにランク付けされるだけです。

それならばいじられキャラに転職して「めちゃめちゃ明るく振舞った方が魅力がある」と僕はそう思います。

現に、いじられキャラになることで活路を広げる事ができました。

見栄やプライドなんて邪魔なだけです(笑)

自分を変えたいならプライドなんか捨てて逆にメーターを振り切ってみる事が良いです。

新しい事が起きるかもしれませんよ(笑)

まとめ

いかがでしたか。

まとめると

声をかけるポイント①挨拶をする関係から始める
②友人の力を借りて話しかける
③理由をつけて物を貸して貰う
④相手を観察して話題を作る
⑤女性受けしそうな物で釣る
⑥プライドを捨てていじられキャラになる

この6つさえ覚えておけば声をかける事なんて楽勝です。

こんな事は「明日死ぬと思えば屁みたいなもの」です。

明日から勇気をもって実践あるのみです。

頑張ってくださいね。